株式会社アダル


電算室
新谷 直正 氏
Delphi/400で開発した在庫照会・受注入力システムは、従来の5250画面と比べて操作性が格段に進歩しました。
既存のRPG資産を活かしながらエンドユーザーの希望どおりの画面を開発できるDelphi/400は、今では、社内システム開発になくてはならないツールです。
(新谷 直正 氏)
会社概要
■本社所在地
 福岡県福岡市博多区金の隈3-13-2
■URL
 http://www.adal.co.jp
業務用イス・テーブル・什器などの製造卸販売、インテリア資材販売および設計・施行を行う。 「世の中にないモノは作り出す」をポリシーとし、お客様が求めるものを提供するためには、一つのスケッチから商品を作りあげる。 特注家具の製造・販売・施行を得意としている。


Delphi/400で、既存のRPG資産を活用しつつ、使い易い在庫照会システムを開発

福岡を本拠地とし、業務用家具の製造及び販売に60年の実績を持つ株式会社アダルは、中国への工場展開や三大都市圏への販売拠点の拡大など、九州No.1の業務用家具メーカーとして順調に業容を拡大してきた。 これに伴い、IBM i(AS/400)ユーザーである同社は、増大する在庫確認事務の負担を軽減するため、5250画面の在庫照会システムを構築した。 事務効率化に大きな成果を上げた同システムだが、徐々に、入力の遅れによる在庫情報の不正確さや、照会画面の操作性について、不満の声があがるようになった。
既存のRPG資産を活かしつつ、若い社員にも受け入れてもらえるツールを模索していたところ、Delphi/400と出会い、格段に操作性の良い受注入力、在庫照会システムを開発することができた。

 
在庫照会の課題
5250画面の在庫照会システムは使い難く情報量も少ない
受注入力の遅れのため、在庫照会での出荷可能残高が不正確
解決方法
Delphi/400で在庫照会画面をGUI化し、情報量アップ
Delphi/400で受注画面をGUI化し、営業現場で入力しやすく
導入後の効果
ユーザー要望を取り入れた使い易い在庫照会システムを実現
在庫照会システムで正確な出荷可能残高が照会可能に
最初は好評だった緑色の在庫照会システム
以前は「倉庫に電話をして在庫確認」が当たり前だった同社は、2004年にRPGで在庫照会システム(5250画面)を構築。 倉庫担当者が不在のときなどは、営業マンへの情報の遅延がお客様への回答の遅延に直結するため、在庫照会システムによる業務改善効果は大きく、社内に浸透していくこととなった。
社内の不満への対応を模索
当初、好評で迎えられた在庫照会システム(5250画面)だが、次の課題は在庫数の正確・迅速な更新と、操作性の改良・改善であった。 先ず、在庫の正確・迅速な更新については、受注入力を営業現場でタイムリーに行うことが課題であった。 受注入力を迅速に行えば、在庫照会での出荷可能残高が、より正確な数字となる。 しかし、営業担当者に不慣れな5250画面での入力作業を強いることはできないため、手書きやExcelで作成した伝票をオペレーターがまとめて入力するという方式をとっており、そのための事務に要する時間が、在庫照会結果の遅れとなっていた。 また、在庫照会システムの操作性も5250画面に不慣れな若い社員を中心に、不満の声があがった。
5250画面と決別、Delphi/400の採用
既存のRPGで開発したアプリケーションを活かしつつ、若い世代 の社員にも違和感なく受け入れてもらえるツールを模索していた ところ、この2つの条件を満たすツールとしてDelphi/400に 出会った。 初めてのGUI化にあたっては、開発日数の短縮を最優先として、RPG開発は自社で行い、Delphi/400の開発はミガロ.に委託という分担で開発を実施。受注入力、在庫照会に関する全てのプログラムを約3か月で完成させた。
Delphi/400による受注入力の改善
営業現場でも入力しやすい画面を目指して、Delphi/400による受注入力画面を開発し、以下の改善を行った。

@ 受注明細入力欄:以前の5250画面では明細欄が2段に折り返しているため、見出しとの関係が見にくかった。Delphi/400画面では、レイアウトが見やすくなり、入力が容易になった。
A 「コピー受注番号」の追加: 内容の似ている過去の受注情報を呼出し、それを修正することで効率的な入力作業が可能となった。
B 「出荷依頼書」の追加:受注入力画面に出荷依頼書作成ボタンを設置し、「受注→出荷」の作業効率を改善した。
C 「工場見積金額」、「粗利率」の追加:受注単位の採算が一目で把握できるようになった。

結果として、Delphi/400により、誰でも使い易い画面となり、迅速な受注データ入力(=出荷可能残高への反映)が可能となった。
     
旧 受注入力(5250画面)   新 受注入力(Delphi/400画面)
Delphi/400による在庫照会システムの改善
在庫は、完成品でなく部品単位で管理している。ある完成品が出荷可能かどうか知るためには、構成部品の在庫を知る必要がある。

既存の5250画面の在庫照会システムでは、部品単位の在庫しか表現できなかったが、Delphi/400の在庫照会システムは、先ず完成品の検索を行い(下図@)、そこで選択した製品について、構成部品の在庫数量が照会できる(下図A)。 現在在庫から受注残、売止残を差し引き、出荷可能残高を計算するのは従来の5250画面と同様だが、明細項目が折り返さず1行で表現できるため、はるかに見やすくなっている。

さらに、選択した部品に対して2つの照会を追加した。
1つは、「受注内訳」(下図B)で、選択した部品について、どこから受注が入っているのか詳細を把握できる。在庫不足で困っているときに、納期に余裕のある他案件から、優先的に在庫を回してもらう、等の用途で利用する。

2つめは、「受払履歴」(下図C)で、選択した部品について、過去の入出荷の履歴をトレースできる。倉庫担当者が棚卸数量の相違を 発見したときに記帳もれを検索する、等の用途で開発した。
     
旧 在庫照会(5250画面)   新 在庫照会(Delphi/400画面)
今後の展望
エンドユーザー要求を取り入れて数々の改善を行うことで、理想的な在庫照会システムを構築することができた。 在庫照会の成功により、エンドユーザーからのGUI化要望は一層大きくなり、現在では、1ヵ月数本の割合で照会系プログラムを中心に開発している。 今後は既存のRPG資産を活かしつつ、100% GUI化を目指し、Delphi/400で開発を続けていく予定である。