new WH/400 共栄情報システム株式会社

普通倉庫兼物流センター基幹業務システム

 

「new WH/400」は、共栄情報システムが開発/発売しているパッケージで、同社の他パッケージをあわせると130社以上の導入実績を誇る「普通倉庫兼物流センター業務基幹システム」です。

「多品種少量」貨物の入出庫業務・名義変更・在庫管理・ロケーション管理・受払管理・付帯作業業務・請求業務・照会・印刷帳票など、物流の現場で必要とされている全ての機能を網羅しており、最小限のコストで最大限の効果を発揮することができます。

営業倉庫業様は勿論、保税倉庫業様、運輸倉庫業様、物流センター様、自社製品の物流など、在庫管理を軸とした場面でご活用頂き、さまざまな現場で導入の効果をご実感頂いています。

「new WH/400」の特徴

各社数多ある類似パッケージの中で、「new WH/400」のもつ特徴をいくつか抜粋してみましょう。

  • 99拠点(99倉庫)を一元で管理可能
  • 保税業務に対応したメニューもご用意
  • 倉庫現場出身の担当者が開発。現場よりな現実的な作りを目指しています
  • 遠隔操作によるリモート運用支援で、導入後も安心
  • JANコード(1次元バーコード)との連動は勿論、2次元バーコードとの連動も可能。ハンディターミナルと連動することで、正確且つリアルタイムなピッキング作業・入庫確定作業・出庫確定作業・棚卸し作業等が実現できます
  • 荷主様向けに在庫情報をWebで開示したい、というニーズにもお応えします
  • 在庫品は、管理特性に応じて、総数量・明細(入数)と数量・パレット単位・総重量等の管理ができます
  • 在庫品の状態コード(良品/不良品/返品/祭事用/搬送中/など)管理が可能
  • 入出庫登録処理では、先付けのデータが登録でき、引当て管理が可能です

  【入庫時】


 

  【出庫時】

詳しい情報は

「new WH/400」に関する詳しい情報は、共栄情報システム株式会社のホームページをご参照下さい。

 

http://www.kiscl.co.jp/service/single.php?id=11