VisualQueryのマスタ保守に関するFAQ
Frequently Asked Questions
接続情報保守画面で、接続先IBMi(AS/400)名を選択するコンボボックスに何も表示されません。
接続情報保守画面で、「IBMi(AS/400)の接続に失敗しました。」のメッセージが出ます。
基本情報保守を起動する時に、「AS/400に接続することができませんでした。 接続情報を確認して下さい。」のメッセージが出ます。
基本情報保守を起動する時に、「システム値の取得に失敗しました。」のメッセージが出ます。
基本情報保守を起動する時に、「ライセンスキーが無効か試用期間が有効期限に達しています。 正しいライセンスキーを入力して下さい。」のメッセージが出ます。
基本情報保守を起動する時に、「該当するユーザーは現在使用できません。ユーザー/パスワードを再入力して下さい。」のメッセージが出ます。
基本情報保守を起動する時に、「該当するユーザーには管理者権限が存在しません。ユーザー/パスワードを再入力して下さい。」のメッセージが出ます。
Answer
接続情報保守画面で、接続先IBMi(AS/400)名を選択するコンボボックスに何も表示されません。

次の項目について確認して下さい。

1 クライアントにDelphi/400運用版がインストールされていますか?

コントロールパネルの[プログラムの追加と削除]で
  Delphi/400 VXXX(*) Deployment
が存在しますか。

存在しなければ、インストールを行って下さい。 

*XXXはバージョン番号)
2

接続先IBMi(AS/400)の設定が行われてますか?

(1) スタートメニューの[すべてのプログラム|Delphi_400 VX.X|Configuration]を起動します。
(2) 「AS/400 List」に接続先のIBMi(AS/400)が表示されますか。
この設定リストがコンボボックスに表示されます。

表示されていなければ、[Add]ボタンをクリックし、接続先IBMi(AS/400)の情報を入力して下さい。
接続情報保守画面で、「IBMi(AS/400)の接続に失敗しました。」のメッセージが出ます。

Delphi/400のConfigurationを使って、接続できるかを確認して下さい。

Delphi/400のConfigurationの使用手順
(1) スタートメニューの[すべてのプログラム|Delphi_400 VX.X|Configuration]を起動します。
(2) 「AS/400 List」に接続先のIBMi(AS/400)が表示されます。
(3)

右下の[Apply and Test Connection]をクリックすると、テスト接続画面が表示されます。

(4) 上から順にボタンを押していきます。
まず[Initialize(Load DLL)]ボタンをクリックすると、ボタン左横に赤いチェックが付きます。
(5) 次に、コンボボックスより、VisualQueryサーバーモジュールを転送するIBMi(AS/400)を選択します。
(6) 次に[Connect]ボタンをクリックすると、IBMi(AS/400)のサインオン画面が表示されますので、ユーザーIDとパスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックします。

接続が成功すると、ボタン左横に赤いチェックが付き、ボタン下にDelphi/400の詳細バージョンが表示されます。

ここで成功しなかった場合、次の4点が原因として考えられます。
 
1.「APPC PARTNER LU NAME INVALID OR NOT FOUND」のエラーが発生するとき
→サブシステムが起動していない
接続先IBMi(AS/400)でCO40xTCPサブシステム及びCO40xTCPサブシステム直下のCO40xSVR(事前開始ジョブ)は動作していますか? 動作しているかどうかは、
 WRKACTJOB コマンド
で確認できます。
2.「PROTECTION ERROR」のエラーが発生するとき
→ライセンスキーが期限切れか誤っている
ライセンスキー情報は
 CALL CO40?/ABOUT
(?はバージョン番号、但しVersion2005および2006では9)
で確認できます。 もう一度ライセンスキーをご確認の上入力しなおしてください。

3.接続先IBMi(AS/400)の設定が誤っていませんか?
→Configurationの「AS/400 List」で該当のIBMi(AS/400)を選択し、[Modify]ボタンをクリックし、設定情報を確認して下さい。
4.接続先IBMi(AS/400)のサインオンユーザー名・パスワードが誤っていませんか?
→サインオンユーザー名・パスワードを確認して下さい。

(7) [Disconnect]ボタンをクリックすると、ボタン左横に赤いチェックが付きます。
(8) [End the test(Unload DLL)]ボタンをクリックすると、ボタン左横に赤いチェックが付きます。
(9) 最後に[Close]ボタンをクリックして終了です。

 

基本情報保守を起動する時に、「AS/400に接続することができませんでした。 接続情報を確認して下さい。」のメッセージが出ます。

接続先IBMi(AS/400)の設定について確認して下さい。
方法はこちらをご参照下さい。

基本情報保守を起動する時に、「システム値の取得に失敗しました。」のメッセージが出ます。

接続先IBMi(AS/400)にVQ400ライブラリが存在しない場合にこのエラーが発生します。
接続先IBMi(AS/400)にVQ400ライブラリが存在するかをご確認下さい。
またIBMi(AS/400)が複数ある場合、接続先情報保守で接続先IBMi(AS/400)の設定が正しいかをご確認下さい。

基本情報保守を起動する時に、「ライセンスキーが無効か試用期間が有効期限に達しています。 正しいライセンスキーを入力して下さい。」のメッセージが出ます。

ライセンスキーが入力されていないか、その値が誤っていることが原因です。ライセンスキーは次の手順で確認及び入力ができます。

(1)スタート|プログラム|VisualQuery|管理者|[基本情報保守]アプリケーションを起動
(この操作は管理者のみ実行できます。)
(2)[ライセンスキー保守]メニューを選択
(3)ライセンスキーが表示されます。
ミガロ.から発行された15桁のライセンスキーが入力されているかをご確認下さい。

基本情報保守を起動する時に、「該当するユーザーは現在使用できません。ユーザー/パスワードを再入力して下さい。」のメッセージが出ます。
ユーザーが利用できない設定になっていることが原因です。次の手順で利用を認可することができます。

(1)スタート|プログラム|VisualQuery|管理者|[基本情報保守]アプリケーションを起動
(この操作は管理者のみ実行できます。)
(2)[ユーザー保守]メニューを選択
(3)「修正」モードを選択
(4)利用を認可するユーザー名を入力し、「利用区分」項目を「有効」に変更
(5)「OK」ボタンを押下して終了です。
基本情報保守を起動する時に、「該当するユーザーには管理者権限が存在しません。ユーザー/パスワードを再入力して下さい。」のメッセージが出ます。

ユーザーに管理者権限が与えられていないことが原因です。次の手順で管理者権限を与えることができます。

(1)スタート|プログラム|VisualQuery|管理者|[基本情報保守]アプリケーションを起動
(この操作は管理者のみ実行できます。)
(2)[ユーザー保守]メニューを選択
(3)「修正」モードを選択
(4)利用を認可するユーザー名を入力し、「管理者区分」項目を「管理者」に変更
(5)「OK」ボタンを押下して終了です。