製品操作方法
稼動環境
お問い合わせ
製品操作方法


@抽出を行いたいライブラリ・ファイル・フィールドを選択します。


A複数ファイルを使用してデータの抽出を行う場合は、ファイルの結合条件を指定します。

B詳細な抽出条件を指定

抽出条件に使用できるものとして、固定値を指定するだけでなく、比較を行いたいファイルの項目を指定することも可能です。また、複数の条件を使って抽出を行いたい場合は、OR、AND条件を組み合わせることにより複雑な条件の指定も可能です。

C画面で設定した情報で抽出を実行

抽出した結果は、画面表示以外に、Excel出力・CSV出力が可能です。

(参考)
VisualQueryで設定を行った画面の情報は、製品に標準搭載されている SQLエディタというツールを使ってSQL文を自動生成することが可能です。また、生成したSQL文に変更を加えて、変更内容のSQL文を再度実行することも可能です。変更後のSQLは、繰り返し使用するために、別名で保存したり、実行結果をExcel出力やCSV出力したりすることも可能です。
稼動環境
VisualQueryのご使用には、Delphi/400運用ライセンスが必要です
  Delphi/400の動作環境に関してはこちらをご覧下さい
 
■IBMi(AS/400)
[ハードウェア要件]
  ハードディスク空き容量:100KB以上
[ソフトウェア要件]
  Delphi/400のVersion7以降運用版が導入されていることが前提と
なります。  
  OS/400バージョンV5R2以降を対象とします。
■クライアント
[ハードウェア要件]
  ハードディスク空容量:約10MB以上
[ソフトウェア要件]
  Delphi/400のVersion7以降運用版が導入されていることが前提となります。
  Delphi/400Version7以降を対象とします。
  接続ユーザー数は、Delphi/400のライセンスユーザー数に準拠します。
   
※ その他の要件に関しては、IBMi(AS/400)、クライアントともDelphi/400運用ライセンスの稼働状況に依存します。
お問い合わせ
VisualQueryに関するお問い合わせはこちらから