PlateSpin Forgeとは?
Windows/Linux環境のバックアップや災害対策を仮想化技術で実現するアプライアンス製品です。
箱から取り出し、ネットワークに接続し、10分程度の簡単な設定を実施すれば使用可能です!
物理、仮想を問わず最大25環境を1台でバックアップできます。

   
  仮想化技術により
低価格化を実現
たった10分で
設定完了
1対Nの
バックアップ統合
 
バックアップ・災害対策は万全ですか?
日次バックアップは取っていても、当日中の更新データは取られていますか?
バックアップデータの取得に長時間かかっていませんか?
災害時の復旧手順が複雑で、時間もかかる状態ではありませんか?
バックアップ作業は人為的なミスやエラーに弱く、運用負担がありませんか?
災害対策テストを実施したいが、テスト負荷/所用時間が膨大ではないですか?
PlateSpin Forgeによる理想的なバックアップ
常に最新に近い状態のバックアップ。世代管理も可能
短時間でバックアップ完了
バックアップデータを瞬時にリストアして業務を再開
運用管理やドキュメント管理の手間がかからない
ハードウェア、ソフトウェア、回線費用、導入費用などを含めたトータルコストの抑制

特長
バックアップ − 1台で複数台丸ごとバックアップ −
1台で最大25台分のサーバー環境を保護、高い費用対効果を発揮!
各サーバーのバックアップ手順を統一、運用手順がシンプル!
システム全体をまるごと保護、復旧作業もワンクリック!
複数世代のバックアップ管理が可能!
システムの特徴に応じて同期の頻度を自由に設定!
圧縮差分転送方式により、データ転送時間及び回線コストを抑制!



災害対策 − 復旧できる!と実感できる災害対策 −
DBの更新順序を維持。整合性をもったデータ復旧が可能!
障害を検知すると管理者に警告Email を送信。ワンクリック復旧は人間の判断!
本番機回復まではForgeに切り替えることで直ぐに業務継続が可能!
テスト環境を簡単に構築できるので、定期的な災害対策トレーニングも負担なく実施可能!

@通常運用   A障害発生
BForgeで障害検知
携帯に通知、切り替え実行
  CForge内で待機サーバを
立ち上げ業務を継続
 

仮想化 − 将来の仮想環境への移行ツールとしての活用 −
 


PlateSpin Forgeハードウェア仕様
内製ストレージ 3.5TB
ホットスワップディスク
ベースRAM 32 GB
CPU数 2
総コア数 8
帯域幅 6GB/秒
GigEポート数 6
ラックユニット数 2U


本製品の詳細情報は、製造元 ノベル株式会社のホームページをご参照ください。

http://www.novell.com/ja-jp/products/forge/