SP4i

(エスピーフォーアイ)

妥協なきWebシステムをRPG/COBOLスキルで!

無料セミナーはコチラへ

製品カタログのダウンロード

※SP4i は SmartPad4i の略称です

SP4i FAQ 
よくある質問をまとめました

SP4i の製品特徴、機能、ライセンスの考え方等についてご説明します。

詳しくはコチラへ

製品インストール時のご質問、バージョンアップ関連、その他の技術的事項についてご説明します。

詳しくはコチラへ

SP4i ユーザー様向けのメンテナンスプログラムおよびテクニカルサポートについてご説明します。

詳しくはコチラへ

製品に関するFAQ

SP4i の概要について教えてください
SP4i の開発手法について教えてください
SP4i のモバイル向け開発について教えてください
SP4i を稼動させる為にどこに何が必要ですか?
IBM i を移行する場合に必要なことを教えてください
現在の基幹業務の一部をWeb化したいと考えていますが、既存のデータベースを活かすことはできますか?
SP4i 製品のライセンス構成を教えてください
SP4i を使うと、IBM i(AS/400)の5250画面が自動的にHTML画面に変わるのですか?
ライセンスを利用できるユーザー数のカウント方法を教えてください
HTML画面のデザインにおいて、HTMLファイルにどんな部品が使用できますか?
SP4i でのSSLの利用方法を教えてください
IBMiのパーティション番号はどの様に取得しますか?

Answer

SP4i の概要について教えてください
SP4i は、Javaコーディングを一切必要としないIBMi(AS400)対応のWebアプリケーション開発ツールです。画面はHTMLで自由なレイアウトで設計し、すべての業務ロジックは使い慣れたRPG/COBOLでコーディングできます。
SP4i の開発手法について教えてください
入力画面は、HTMLで制限のない自由な文字数やサイズの画面を設計します。Web画面をもとにSP4i がRPG(ILE RPG、COBOL)プログラムを自動生成。このプログラムに業務ロジックを追加して開発します。Webアプリ開発の知識は不要なので、業務ロジックの開発に専念できます。
SP4i のモバイル向け開発について教えてください
SP4i はIBM i 基幹システムと連携するモバイルシステムの開発に最適なツールです。PCブラウザ用 Webシステムと同様に、既存のRPG、COBOLスキルにより業務ロジックを開発できます。iOS、Android対応のハイブリッドアプリケーションにより、カメラ、バーコードリーダーなどの端末機能を利用したアプリケーションを簡単に構築できます。
SP4i を稼動させる為にどこに何が必要ですか?
SP4i を稼動させる為には、IBM i にSP4i サーバーモジュール(ミドルウェア)とWebサーバーにServletを導入する必要があります。HTMLファイルとiniファイルが、SP4i をインストールしたHTTPサーバー環境下(Webサーバー)に格納されます。IBM i には、データを送受信する為のサブシステムやプログラムオブジェクトが必要になります。
IBM i を移行する場合に必要なことを教えてください
SP4i のライセンス移行手続きにはメンテナンスプログラムのご加入が必須となります。SP4i は、IBM i のパーティション毎にライセンスキーを導入いただいておりますが、IBM i 移行時には、旧IBM i からライセンスのアンインストールキーを取得いただく必要があります。また、新IBM i の機械情報をご連絡頂き、これに基づき弊社より新しいライセンスキーを発行いたします。
現在の基幹業務の一部をWeb化したいと考えていますが、既存のデータベースを活かすことはできますか?
はい、利用して頂けます。
SP4i では、HTML画面に基づいて、お客様が新規にRPG(ILE RPG)またはCOBOLでプログラムを作成して頂くのですが、データベースは変更なしにそのままご利用頂くことが可能です。
SP4i 製品のライセンス構成を教えてください
開発者のための開発ライセンスと完成アプリケーションを稼働するための運用ライセンスがあります
SP4i を使うと、IBM i(AS/400)の5250画面が自動的にHTML画面に変わるのですか?
いいえ。この製品はアプリケーションを新規開発するためのものです。既存のアプリケーションを変換するための製品ではありません。
まずHTMLファイルの画面を作成していただき、その後IBM i (AS/400)上で入出力データの演算処理等プログラムロジック部分のプログラミングを行っていただきます。Webサーバー/IBM i (AS/400)間のデータ送受信部分はSP4i が自動生成します。
従来の5250画面での制限もなく、自由にHTMLファイルで画面を作成いただだくことができ、プログラミング言語にはRPG/ILE RPG/COBOLをご利用いただけます。
ライセンスを利用できるユーザー数のカウント方法を教えてください
開発ライセンスは、IBM i への同時接続数がユーザー数となります。
運用ライセンスは、同時接続ユーザー数に制限はありません。開発ライセンス、運用ライセンスともにパーティション単位のライセンスとなります。
HTML画面のデザインにおいて、HTMLファイルにどんな部品が使用できますか?
全ての部品を使用することが可能です。
例えば、画像を表示したい場合は、imageを使用します。サイズにこだわらずに".gif"もしくは".jpg"の画像を利用できます。画像ファイル自体をWebサーバー上に格納する必要はありますが、相対パスで画像位置を特定する事が可能です。また、IBM i (AS/400)側から画像位置をプログラミングで記述する事も可能です。
他には、ハイパーリンクも使用でき、相対パスだけでなく絶対パスを指定する事も可能です。
SP4i でのSSLの利用方法を教えてください
一般的には、HTMLからハイパーリンク使用時にSSLを使ったページに移動する時にはリンク先を<a href="https://...">にします。SSLの設定は通常HTTP Server側で行い、Application Server側では特に設定を変更する必要はありません。

SP4i についても同様で、SP4i で作成するアプリケーションにおいては通常の画面遷移と同様のプログラムを開発し、HTTP Server側でSSLの設定を行う方法となります。 但し、SP4i はサインオンしてからサインオフするまでの一連の処理を1つのアプリケーションとして保護しており、画面遷移等は隠蔽されておりますので、認証を行う先頭画面からSSL保護下としていただくことが一番簡単な方法になります。
また、SSLを新たにご利用頂くにはSSL証明書発行機関より購入する必要がございますので、ご注意下さい。
IBM i (AS/400)のパーティション番号はどの様に取得しますか?
SP4i はパーティション毎にライセンスキーが必要となります。また、ライセンスキー発行のためには、IBM i (AS/400)のモデル、シリアルおよびパーティション番号が必要となります。
※ パーティション番号について
こちらのモジュール(64KB)をダウンロードの上、解凍してご利用いただけます。モジュールに含まれております[CheckLparの使用方法.txt]をご参照下さい。

SP4i に関する
お問合せはこちら

IBM i のWeb化ならSP4i!
SP4i にご興味をお持ちの方は、ぜひこちらからお問合せください。

お問合せフォームはコチラへ

お電話・メールでの
お問合せはこちら

【フリーダイヤル】
 0120-356-128 平日(月~金)
【メールアドレス】
info@migaro.co.jp
pagetop