SP4i

(エスピーフォーアイ)

妥協なきWebシステムをRPG/COBOLスキルで!

無料セミナーはコチラへ

製品カタログのダウンロード

※SP4i は SmartPad4i の略称です

IBM i (AS/400)対応Webアプリケーション開発ツールの決定版!

SP4iメインイメージ IBMi対応Webアプリケーション開発ツールの決定版!

SP4i は、Javaコーディングを一切必要としないIBM i (AS/400)対応のWebアプリケーション開発ツールです。 IT部門の既存スキル(RPG/COBOL)をフル活用したWebアプリケーション開発を実現します。

IBM i Web化ツールJC/400は、モバイルオプションを統合して新「SmartPad4i」【略称:SP4i(エスピーフォーアイ)】へと生まれ変わりました。新しい「 SP4i 」は、従来のJC/400の機能とモバイル機能を統合した完全なモバイル対応Web開発ツールとなります。

3つの魅力

簡単な開発

社内のRPG/COBOL技術者で容易に使いこなせる!

自由な設計

自由で制約が無いため業務要件での妥協は不要!

モバイル対応

スマホ・タブレットアプリ開発にも完全に対応!

簡単な開発


社内の開発スキルで簡単に使いこなせる開発ツールを選択することにより、IBM i 基幹システムに関する業務要望に迅速かつ低コストで対応することができます。


IBM i (AS/400) の既存のスキルをフル活用

全ての業務ロジックを使い慣れたRPG/COBOLでコーディングできます。

IBM i の既存のデータベースは何も変更せずにそのまま使用することができます。また、業務ノウハウの詰まった既存のプログラムロジックをサブルーチン化して再利用することで開発効率を高めることができます。

JAVA, PHPなど新しいスキルの習得は一切必要ないため、既存のIBM i 開発担当者だけでWebアプリケーションを構築することができます。既存スキルの活用と高い開発効率により、システム開発のトータルコストを大幅に削減することが可能です。

 
社内のIBMi開発力を結集!

画面デザインはHTMLが初めての方でも簡単

画面はHTMLでデザインします。

市販のホームページ作成ソフトを利用すれば、HTMLが初めての方でも簡単に画面設計ができます。HTMLを1行ずつ組まずにマウス操作だけで作成していく便利なツールが数多くあります。

 
画面デザインはHTMLが初めての方でも簡単

Webブラウザ連携を意識させないシンプルな開発手順

基本的な開発の流れは、従来のIBM i(AS/400)の開発手順と同様です。

RPG/COBOLプログラムのほとんどは SP4iが自動生成します。自動生成プログラムには業務ロジックのみを記述すれば良く、記述する場所はプログラムソース上に明示されています。

Web画面とIBM i 間のデータのやりとりは SP4i が自動的に行うためプログラミング不要です。


従来のIBMi(AS/400)の開発手順と同様!Webブラウザ連携を意識させないシンプルな開発手順

Generator(ジェネレーター)でプログラミング作業を省力化

シンプルなWeb画面を素早く開発するための補助開発ツールです。

画面設計用のテンプレートにファイル名や項目名を定義すると、必要なHTMLとILERPGが自動的に生成され、ツールの設定だけでIBM i のWebアプリケーションを簡単に完成できます。

自由な設計


自由な画面設計や豊富な機能により、利用者の業務ニーズを確実に実現します。さらに、お得意先への情報提供やWeb EDIなど対外的にもご利用いただける高品質アプリケーションを開発できます。


HTML画面は自由に設計

画面の文字数やサイズに制限はありません。画像、ハイパーリンク、各種部品(コンボボックス、ラジオボタン等)は、全て利用することが可能です。

弊社サイト(Tips等)では、HTMLの部品とIBM i 上のデータを連携するための具体的なプログラミング方法も公開しています。

また、画面を操作するJavaScriptや、デザインに便利なCSSの組み込みが可能です。Web API と連携して、地図やグラフ表示を行うこともできます。

 
SP4i HTML画面例(Web受注管理システム)

Word・Excel出力/CSV出力

SP4i のOffice API 機能により、登録済みのWord、Excel帳票にIBM i のデータを挿入して出力することができます。

また、ファイル名とライブラリー名を記述するだけで、簡単にIBM i データを CSVファイルに出力することができます。

 
SP4i機能例 Word・Excel出力/CSV出力

多様なシステム構成

Webサーバー(WAS)は、Windows Server、IBM i 内(基幹システム内)、別筐体IBM i 等、自在な構成がとれます。
また、IBMの「Ready For IBM PureSystems」の認定取得ソリューションです。


多様なシステム構成

モバイル対応


IBM i 対応モバイル開発ツールとしても、SP4i は、開発手法、対応環境、実現機能の全てにおいて理想的な特徴を備えています。


スマートデバイス向けプログラムロジックはPC向けと同様にRPG/COBOLで開発

SP4i なら、スマートフォン/タブレット向けシステムが、PCブラウザ向けWebシステムと完全に同様の手法で開発できます。

画面はHTMLで自由に作成し、 SP4i が画面から自動生成するRPG/COBOLプログラムに業務ロジックを組み込むことでモバイルに最適なシステムが完成します。

既存の開発スキルを活用でき、モバイル用に特化した開発手法の習得は不要です。

 

各種ブラウザに対応

PCだけでなく、iPhoneやAndroidなどスマートフォン、iPad等のタブレット上のブラウザでも実行できます。ブラウザについては、従来からのIEはもちろん Windows10に搭載の新ブラウザEdgeをはじめ、FireFox、Chrome、Safari等、よく業務で使用されるほぼ全てのブラウザで動作します。

 
マルチブラウザ対応

HTML5に対応し、端末の画面サイズに合わせて表示領域を自動調整

HTML5を使用すれば、モバイル端末毎の画面サイズの相違にかかわらず、最適な表示領域に自動調整して、画面表示できます。

 

画面設計はアプリケーションから独立しているため、使用端末やシステム環境に最適な設定を自由に行うことができます。


HTML5に対応し端末の画面サイズに合わせて表示領域を自動調整

「ハイブリッドアプリケーション」機能を実現

Android/iOS(iPhone/iPad)向けに用意された専用アプリを利用することで、「ハイブリッドアプリケーション」として SP4i プログラムを開発できるようになりました。カメラやGPS等を活用するアプリケーションが構築できます。


カメラアプリと連動

  • カメラアプリと連動した写真のアップロード
  • 端末のアドレス帳を利用したメール送信
  • バーコードやQRコードを読み取り
  • GPSを活用した現在地の取得

入力候補の絞り込みが可能なサジェスト機能

  • 入力候補の絞り込みが可能なサジェスト機能
  • 多数の情報を効率よく配置可能なタブ機能

SP4i に関する
お問合せはこちら

IBM i のWeb化ならSP4i!
SP4i にご興味をお持ちの方は、ぜひこちらからお問合せください。

お問合せフォームはコチラへ

お電話・メールでの
お問合せはこちら

【フリーダイヤル】
 0120-356-128 平日(月~金)
【メールアドレス】
info@migaro.co.jp
pagetop