Valence

(バレンス)

IBM i Web化を超高速で実現するLow Code開発プラットフォーム


  新ツール!  「Valence App Builder」
製品カタログ ダウンロードは コチラ へ


無料セミナーはコチラへ

 
 
 
 
 
 
 

  新機能 登場! 

超高速開発でここまでできる!

-更新 / 照会 / モバイルまで-

Valenceは、基幹システム構築に必要な入出力・更新・照会系アプリをほぼノンコーディングで実現します。
追加ロジックが必要な場合は、使い慣れたRPGコーディングだけで対応。
レスポンシブ対応済の完成画面は、すべてのスマートデバイスでそのまま利用可能です。
また、追加のWebサーバーを導入することなく、IBM i だけでWebアプリ稼働環境を構築できます。

Valence App Builder で
Web・モバイルアプリを思いのままに構築

Valence App Builder は、IBM i モダナイゼーションスイート製品 Valence の中心機能として、
IBM i Webアプリの超高速開発を実現します。


基幹システム 入力業務画面

IBM i 基幹システムの入力業務画面が、ほぼノンコーディングの超高速開発により、Webアプリに生まれ変わります。複雑な業務入力系 Webアプリ構築には、簡易開発手法ではなく高度なスキル習得が必要、という常識をくつがえします。



受注入力システム例

受注入力システム例


優れたUIの照会画面

App Builder には、表、グラフ、地図などの優れたUI部品が用意されており、これらを利用するだけで、ビジュアルな照会画面が簡単に作成できます。

 UI照会画面

 活用例① キオスクモード

入力操作無しで、画面が一定時間毎に切り替わるので、IBM i 基幹データをリアルタイムでモニターできます。

キオスクモード画面

利用例:生産情報(工場)、配送・配車(物流)など


 活用例② 経営ダッシュボード

経営分析に必要なグラフや数値を一覧で表示します。IBM i からビジュアルな情報を簡単に提供できます。クロス集計(ピボットテーブル)にも対応可能です。


モバイル端末での利用

構築アプリは、画面サイズが自動調整されるレスポンシブ対応。モバイル端末の種類にかかわらず、そのまま利用できます。

【利用例】
・工場、店舗でのタブレット入力システム
・営業担当者向けスマホ情報照会システム

 


モバイル画面

超高速開発を実現する仕組み

-シンプルな3つの開発ステップ-

Valence App Builderにより IBM i Webアプリケーションを3つのステップだけで超高速に構築できます。
App Builder での開発は、ウィザードに従って設定するだけなので、非常に簡単です。

Step 1

データソース の作成

アプリケーションで利用するデータ元となるファイルを選択します(顧客/商品マスタ、受注ファイルなど)。
ファイル(複数ファイルの結合も可能)、表示項目、 抽出条件などを順番に設定して作成を行います。

抽出条件として IBM i Query定義や、別途作成したSQLをデータ元として取り込むこともできます!


データソース作成ウィザード画面

データソース作成ウィザード画面

Step 2

ウィジェット の作成

ウィジェットは、作成したデータソースを元に、データを表示する部品として定義します。グリッド(表)、詳細フォーム、グラフ、地図などの様々な表示形式が用意されており、必要なウィジェットを選択して設定を行います。


ウィジェット作成ウィザード画面

ウィジェット作成ウィザード画面

Step 3

アプリケーション の作成

アプリケーション作成工程では、作成したウィジェットを部品として画面に配置・構成して、1つのアプリケーションとして完成させます。


受注登録アプリ完成画面例

受注登録アプリ完成画面例

【本格アプリの超高速開発を実現する App Builder のユニークな特長】

機能が充実したグリッド(表)やグラフ、地図など、アプリを構成する ウィジェットの優秀さ に加え、ヘッダー部と明細部等、1画面内にこれらのウィジェットを複数組み合わせ られること、ウィザードベースの開発を補完する RPGロジック追加が可能なことが、複雑な更新系の業務入力アプリ開発を高速に実現できる最大の理由です。

IBM i 1台で完結 & オープンDBにも対応

開発も運用も IBM i 1台だけで完結。
Windows ServerやWebSphere Application Server(WAS)は一切不要です。

  • IBM i に標準装備されているIBM HTTP Server を使用します。
  • Valenceにログインすると同時にIBM i 環境にログインします。
  • 開発したアプリは、全て IBM i 上に保管されます。
  • Valenceのメインプログラムから別のRPGプログラムを呼び出して利用できます。

システム構成

システム構成図


オープン開発手法、データベース、環境への拡張性

Valenceは、オープン系システムへの高い拡張性も備えています。オープン化の範囲は、「オープンDB利用」や「オープン開発手法」から「オープン系サーバーへの移行」まで、お客様のニーズに応じて選択頂けます。

  • MySQL, SQL Server などのオープンDBとも連携することができます。
  • UI画面は、JavaScriptのフレームワーク(Sencha、その他)により開発できます。
  • バックエンドプログラムは、Node.JSでコーディングできます。
  • Linuxサーバーなどのオープン環境への移行にも対応予定です。

Valenceに関する
お問合せはこちら

Valenceの新しい世界へ!
Valenceにご興味をお持ちの方は、ぜひこちらからお問合せください。

手軽なWeb会議方式で、社内にいながら製品説明・デモをご覧いただけます

お電話・メールでの
お問合せはこちら

【フリーダイヤル】
 0120-356-128 平日(月~金)
【メールアドレス】
info@migaro.co.jp
pagetop