Valence

(バレンス)

IBM i 完全対応 モダナイゼーション開発・運用ツール


無料セミナーはコチラへ

製品カタログのダウンロード



最高のWebアプリケーション構築を実現するための豊富な機能

最良のUI(ユーザーインターフェース)、RPGの業務ロジック活用、設定だけで更新・照会アプリを作成可能なユーティリティ、Webアプリ運用環境の提供、など様々な魅力をIBM i (AS/400)上で実現しているValenceの豊富な機能をご紹介します。

 
Valence UI(ユーザーインターフェース)画面例

Sencha Architect

Sencha Architect は、Valence開発の中心となるビジュアル開発環境です。表、グラフ、ツリーなど、多彩なコンポーネントをドラッグ&ドロップすることにより、直観的に理解しやすい開発手法で設計できます。その結果、手作業によるコーディング時間を大幅に削減できます。
また、PC向けデスクトップアプリに加えて、スマホ、タブレットに対応するモバイルアプリも構築できます。
Sencha Architect が自動生成するプログラムコードは、プログラマーのコーディングでは起こりうる文法的な誤りを含まないことはもちろん、コードとしての品質もきれいに保たれています。

Sencha Architect画面




【Sencha Ext JS】

Sencha Ext JS は、最新の画面コンポーネントUI(ユーザーインターフェース)を提供する先進的なJavaScriptフレームワークです。
企業のデータ集約的なビジネスアプリケーションの構築に最適です。
Sencha Architect は、Sencha Ext JS フレームワークの中の一機能として位置づけられています。

■すぐれた機能

  • 高性能でカスタマイズ可能な部品群(機能豊富なチャート、大量データ対応のグリッド、等)
  • 最新および旧型のブラウザをサポート
  • レスポンシブレイアウト

【Senchaが選ばれる理由】

  • 企業のビジネスアプリケーション構築に特化したフレームワーク
  • 最新のシステム環境に合わせて開発元 米Sencha社が常に品質を維持
  • 有償ツールならではの責任あるサポート体制
  • 豊富な導入実績
    ・Fortune 100企業の60パーセントを含む、1万社以上の顧客
    ・世界全体で200万人以上の開発者コミュニティ

Valence RPG Toolkit

Sencha Ext JS で開発した画面とRPGプログラムを連携させる機能です。RPG Toolkit は、API ライブラリの役割を持ち、以下のような目的に応じて、数多くの種類が取り揃えられています。

  • IBM i データへの簡単でリアルタイムなアクセス
  • 画面とILE-RPGの入力/出力インターフェースの連携
  • グラフ、チャート等のビジュアル部品とデータ連携
  • PDF、CSV、Excel、メール等の多彩なアウトプット
 
Valence RPG Toolkitの連携イメージ

Nitroユーティリティ

Valenceは、Web・モバイルアプリケーションの開発・運用に役立つユーティリティを豊富に揃えています。

Nitro iAdmin

便利なモバイルアプリで、IBM i のすべての運用管理を行うことができます。JOB状況確認、MSGW対応、プリンタ管理、パスワード失効などのよくある問題をどこからでも解決できます。

Nitro Query

表やグラフを利用した照会アプリが、プログラミングなしで簡単に作成できます。照会結果のExcelダウンロードも可能です。IBM i Web 化の核となる「業務アプリ開発ツール」としてもご活用頂けます。

Spool File Viewer

スプールの一覧や、出力内容をブラウザで参照できます。また、スプールファイルの保留/解放やOUTQの変更など各種操作も可能です。
 


Nitro File Editor

IBM i の物理ファイル、論理ファイルについての更新・照会アプリをプログラミングなしの設定のみで簡単に作成できます。ソート順、列の配置順、列の幅など、ユーザーの好みに応じて簡単にカスタマイズできます。


Valence Portal

Valence Portal は、ビジュアルなタイル形式で直観的に操作しやすいWebアプリケーション実行メニューを提供します。また、Portal上の管理者メニューから、Valence利用に必要な各種登録や制御を実行できます。管理者メニューの機能は以下のとおりです。

  • ユーザー / ユーザーグループの登録
  • アプリケーション / メニューの登録
  • IBM i のライブラリ環境登録
  • 多言語環境設定(入出力項目名を言語毎に設定)
  • マルチデバイス対応(モバイル端末を自動判定)
 

ビジュアルなタイル形式で直観的に操作しやすいValence Portal


iOS / Android 用ポータルアプリ

PCブラウザ用のValence Portal 画面と同様の機能が、スマホ、タブレット上でも使用できます。

  • モバイル用のポータルアプリは、 Apple Store またはGoogle Play にて入手できます。
    (ポータルアプリの利用にはValence本体の導入が必要です)
  • iPhone, iPad, iPod Touchなどの全てのiOS端末およびAndroidをサポートしています。
  • カメラ、バーコードリーダー、GPSなどの端末情報にアクセスするアプリを開発できます。
 
Valenceスマホ、タブレット用のポータルアプリ

その他の機能

システム構築に関するその他の機能をご紹介します。


■柔軟なログインオプション

Valenceのログイン ID, Password 登録は、以下の中から選択できます。

 a. IBM i 標準のユーザープロファイルを利用

 b. Valene独自のユーザーテーブルを利用

 c. 上記a、bを併用する方式

 
ログインオプションイメージ画像

■各国の文字セットへの完全な対応

  • Valenceが取り扱い可能なデータとしての文字セットには制限がありません。
  • Valenceのシステムとして表示する言語は、9か国語の中から選択できます。

Valenceに関する
お問合せはこちら

Valenceの新しい世界へ!
Valenceにご興味をお持ちの方は、ぜひこちらからお問合せください。

お問合せフォームはコチラへ

お電話・メールでの
お問合せはこちら

【フリーダイヤル】
 0120-356-128 平日(月~金)
【メールアドレス】
info@migaro.co.jp
pagetop