Valence

(バレンス)

IBM i 完全対応 モダナイゼーション開発・運用ツール


無料セミナーはコチラへ

製品カタログのダウンロード



先進的なフレームワークにより、デザイン・機能ともに卓越したIBM i Webアプリを構築

IBM i (AS/400)モダナイゼーションツール Valence で、最高に美しく使いやすいWeb・モバイルアプリケーションを構築してください!
UI(ユーザーインターフェース)は、世界中の有力企業に支持されている Sencha Architect(Sencha Ext JS フレームワーク)や、Valence特有の Nitro AutoCode などを利用して効率的に開発します。また、IBM i とWebブラウザ間のデータ連携を簡単に行うことができ、IBM i 側のビジネスロジックはRPGスキルで構築します。
IBM i 開発言語はFF RPGに加えてPHP、Java、さらにNode.jsにも対応しており、IBM i のオープン化の流れに合わせてValenceも拡張を続けています。

Valenceは、最先端のデザインと機能を兼ね備えたIBM i 対応Webアプリを実現する統合ツールです。
「Webアプリ開発機能」に加え、Portalメニューを軸とした「Webアプリの運用環境」と、導入後すぐに使える「豊富なユーティリティ」により構成されています(製品構成の詳細はこちらへ)。 Valenceなら、IBM i の安定性、拡張性と、ユーザーフレンドリーなWebインターフェースの2つのメリットを最大限に活かすことができます。

Nitro AutoCodeとは?

専用ウィザードに従って定義を行うだけで、Sencha ArchitectおよびRPGの雛型プログラムを自動生成します。常にValence開発の起点となることで、開発工数の削減に役立つツールです。

詳しくはコチラへ

 

顧客情報照会画面

 

Valence画面例


モバイル&マルチブラウザ対応

Valenceなら iPad、iPhone、Android向けモバイルアプリケーションも開発できます!スマホ、タブレットを使って外出先から IBM i アプリケーションを利用したい、というユーザーニーズに応えます!

モバイル向けシステムでも、表、グラフ、ボタンなどの豊富な部品を利用して見た目が美しく使いやすいアプリケーションを構築できます。アプリケーションでは、カメラ、バーコードリーダーといった端末機能も利用できます。
また、PC、タブレットなどあらゆる端末および画面サイズに自動対応するWebアプリケーションも開発できます。マルチブラウザ対応のWeb、モバイルシステムの構築に必要なサーバー環境は、IBM i (PowerSystems)だけで全て完結できます。

 
モバイル&マルチブラウザ対応で外出先からIBMiアプリケーションを利用!

開発・運用に役立つユーティリティ

Valenceは、単なる開発ツールにはとどまりません。Nitroユーティリティは、IBM i の利用者、開発者、運用担当者それぞれにとって便利なユーティリティのセットで、Valenceの大きな魅力となっています。ほとんど予備知識がなく利用頂けるユーティリティが多いので、Valence導入後、すぐに業務上の改善効果を得ることができます。

 Nitro iAdmin
PCブラウザやモバイル端末(iOS/Android)からIBM i の運用管理を実現
 Nitro Query
グラフ等の組み込みが可能なマスター照会アプリをプログラミング無しで作成
 Spool File Viewer
スプールの内容をビジュアルに確認。スプールファイル保留・解放などの操作も可能
 Nitro File Editor
ソート順などを柔軟に変更可能なマスター更新、照会アプリを設定だけで簡単に作成

運用環境を含む完全なIBM i Web化ソリューション

Valenceは、Webアプリケーションを実行できるユーザーの登録、開発したアプリのメニュー登録、ユーザー毎のアプリへのアクセス権限設定、などWebアプリを実際に使用する上で必要となる運用環境も合わせて提供します。アプリケーション開発だけではなく、完全なWeb化ソリューションであることが、Valneceの最大の特長です。

 
Web化ソリューションイメージ

Valenceに関する
お問合せはこちら

Valenceの新しい世界へ!
Valenceにご興味をお持ちの方は、ぜひこちらからお問合せください。

お問合せフォームはコチラへ

お電話・メールでの
お問合せはこちら

【フリーダイヤル】
 0120-356-128 平日(月~金)
【メールアドレス】
info@migaro.co.jp
pagetop