本ページでは、お問合せの多いご質問についてQ/A形式でまとめています。
お知りになりたいことがありましたら、先ず本ページをご確認ください。

こちらに記載の無い項目や、不足している内容などありましたら、お気軽に電話及び、フォームからお問合せください。

Delphi/400 概要と特徴

Delphi/400の概要を教えてください
Delphi/400は、オープン開発で豊富な実績を持つDelphiをIBMiに完全対応させた、生産性に優れたGUI・WEB・モバイルアプリケーション開発ツールです。画面設計、コーディング、コンパイルなどの開発作業が全て行える統合開発環境と、開発生産性を高める様々な機能を提供します。
また、PC、タブレット、スマートフォンといったマルチデバイス向けアプリケーションを効率的に開発できます。
Delphi/400の開発手法について教えてください
入力画面は、Delphiで新規に開発します。部品(コンポーネント)の貼り付けでレイアウト作成が可能な統合開発環境により、生産性の高い開発が可能です。
また、RPG、COBOL、CLなどのIBM i 資産を自由に呼び出して実行できます。
Webシステムも構築できますか?
WebシステムもC/S(クライアントサーバー)システムと同様のビジュアル開発手法で構築できます。Webの利点を活かして、数多くのお客様が社内向けシステムに加え、お得意先向け受発注システム等を構築されています。
Delphi/400のモバイル開発について教えてください
カメラ、バーコードリーダ、GPSなどの端末機能を利用可能なネイティブアプリが開発できます。最新バージョンでは、従来のWindows、Mac、iOS、Android向けマルチデバイス開発を一歩進めて、各プラットフォームを1つのプログラムで開発し、画面は各デバイス毎にカスタマイズ可能な「マルチデバイスデザイナ」機能を追加。モバイル向け開発のさらなる生産性向上が可能となりました。
IBM i 以外のデータベースとも連携できますか?
IBM i 以外のSQLサーバーやOracle等のデータベースと連携し、Delphiのプログラム上で情報集約が可能です。例えばIBM i のデータとSQLサーバー上の画像データを1画面上で呼び出す、などの活用が可能です。
Delphi/400の導入事例を教えてください
Delphi/400は、700社以上のIBM i ユーザー様への導入実績があります。導入事例は、次のページをご参照ください。
・Delphi/400の代表的な導入事例
・導入事例一覧(Delphi/400、SmartPad4iを含む)
・IBM i 専門誌掲載事例(Delphi/400、SmartPad4iを含む)
Delphi/400を詳しく知るためのセミナーはありますか?
弊社大阪本社、東京事業所で、定期的にDelphi/400無料体験セミナーを開催しています。セミナーでは、1人1台のPCを使って実際にDelphi/400のプログラミングが体験頂けます。ぜひお気軽にご参加ください。
セミナー詳細はこちら
Delphi/400の動作環境について教えてください
IBM i のOSバージョンは V3R6以降(SQLで構築する場合はV5R2以降を推奨)となります。
クライアントやiOSを含む詳細は、こちらのページをご参照ください。

SmartPad4i 概要と特徴

SmartPad4iの概要について教えてください
SmartPad4iは、Javaコーディングを一切必要としないIBMi(AS400)対応のWebアプリケーション開発ツールです。画面はHTMLで自由なレイアウトで設計し、すべての業務ロジックは使い慣れたRPG/COBOLでコーディングできます。
SmartPad4iの開発手法について教えてください
入力画面は、HTMLで制限のない自由な文字数やサイズの画面を設計します。Web画面をもとにSmartPad4iがRPG(ILE RPG、COBOL)プログラムを自動生成。このプログラムに業務ロジックを追加して開発します。Webアプリ開発の知識は不要なので、業務ロジックの開発に専念できます。
SmartPad4iのモバイル向け開発について教えてください
SmartPad4iはIBM i 基幹システムと連携するモバイルシステムの開発に最適なツールです。PCブラウザ用 Webシステムと同様に、既存のRPG、COBOLスキルにより業務ロジックを開発できます。
iOS、Android対応のハイブリッドアプリケーションにより、カメラ、バーコードリーダーなどの端末機能を利用したアプリケーションを簡単に構築できます。
SmartPad4iの導入事例を教えてください
社内向けのWeb業務システム、お得意先からの受注システム、店舗向けのタブレットシステムなど、多くの実績があります。
導入事例は、次のページをご参照ください。

・SmartPad4iの代表的な導入事例
・導入事例一覧(SmartPad4i、Delphi/400を含む)
・IBM i 専門誌掲載事例(SmartPad4i、Delphi/400を含む)
SmartPad4iを詳しく知るためのセミナーはありますか?
弊社大阪本社、東京事業所で、定期的にSmartPad4iご紹介ミナーを開催しています。セミナーでは、具体的な開発手法をデモによりご確認頂けます。セミナー詳細はこちら
SmartPad4iの動作環境について教えてください
IBM i のOSバージョンは V5R1以降となります。IBMのWAS(WebSphere Application Server)を使用します。詳細は、こちらのページをご参照ください。

Business4Mobile 概要と特徴

Business4Mobileの概要を教えてください
iPhone、iPad、Androidなどのスマートデバイスから、様々な社内データベースをリアルタイムで照会・更新できるツールです。プログラム開発は不要で、簡単な設定のみで構築できます。
Business4Mobileの特徴は何ですか?
プログラム開発が不要で、設定のみで簡単にスマートデバイスから基幹システムを活用できることです。
また、様々な業務システムにアクセスできる「汎用性」と最新データを直接参照・更新できる「リアルタイム性」を同時に兼ね備えていることが、他のモバイルツールに例を見ない特徴となっています。
Business4Mobileの構築手法を教えてください
ツールの設定画面に従って、「クエリー」を作成します。クエリー作成画面上で、対象テーブル(DB)の選択、対象フィールドの選択、機能追加(グラフ化、並び順決定、数値項目集計、等)の設定を行います。
自社システムのロゴやデザインに変更して使用できますか
Business4Mobileのロゴや配色は自由に変更できます。
また、パッケージベンダー様は、販売パッケージの一機能としてエンドユーザー様にご提供頂くことも可能です。
Business4Mobileの導入事例を教えてください
営業担当者がiPadを使って在庫照会などに活用している製造業のお客様事例などを公開しています。
詳しくは、こちらのページをご参照ください。
(Business4Mobile専用サイトへ)
Business4Mobileの動作環境について教えてください
Webサーバー として[Apache / PHP] または [IIS / PHP] をインストールしたWindowsを使用します。データベースは、Oracle、SQL Server、IBM iなど様々な種類に対応しています。またiPhone、iOS、Androidをはじめとする各種スマートデバイスおよびPCから利用可能です。
詳細はこちらのページをご参照ください。