第24回 ミガロ.テクニカルセミナー
開催のお知らせ

第24回『ミガロ.テクニカルセミナー』開催決定!

 

いつもご好評をいただいている『ミガロ.テクニカルセミナー』を12月に大阪と東京で開催いたします!

今回のミガロ.テクニカルセミナーでは、『Delphi/400』『Valence』『SP4 i』の3つの開発ツールをテーマとして開催いたします。各製品のお客様事例と最新技術情報に加えて最新ロードマップをご紹介します。
今後の開発計画の参考としてご活用ください。

お客様事例は第12回ミガロ.テクニカルアワードの受賞論文からご紹介します。
Delphi/400事例セッションは、最優秀賞を受賞された豊鋼材工業株式会社 石井 裕昭 様よりご講演頂きます。
経費実務と法制度の深い分析に基づく業務要件をDelphiの高い技術で実現された事例です。

Valence事例セッションは、内容のまったく異なる2つのお客様事例を組み合わせてご紹介します。SP4 i 事例セッションは、モバイルアプリを検討されているお客様にとって大変参考になるiPhoneアプリ開発事例です。
技術セッションでは、アプリケーションの機能拡張に大変役立つ情報を多数ご紹介します。たとえば、クラウドサービス連携(Delphi/400)、RPG Toolkit連携(Valence)、JavaScript連携(SP4 i )により、IBM i基幹システムの業務範囲を大きく広げて頂くことができます。

セッションごとの入退場は自由ですので、ご興味のあるセッションに合わせてお気軽にご参加ください!

また、前回に引き続きセミナー終了後に懇親会を開催いたします。ぜひご参加のほどよろしくお願いいたします。

※12月10日(火)大阪開催の模様をライブ中継いたします。ご視聴をご希望の方は、同じ申込みページより、ご登録ください。

詳細 下記セッション・ガイドをご覧下さい
(セッションごとでの入退場は自由です。ご興味のあるセッションにご参加ください)
お申込み 以下掲載の各開催場所のお申込みボタンよりお申込み下さい
プレゼント 当日ご出席頂きましたお客様を対象に、セミナー内でご紹介したサンプルプログラムのソース一式を無料でご提供いたします
ライブ中継について 【日時】2019年 12月 10日(火) 13:30~
・お申込みフォームより「ライブ中継」を選択ください
・お申込み後、弊社よりメールにて参加用のURLをご案内いたします。

※画面の見難い点、音声の聞こえ難い点がある可能性がございますが
予めご了承ください。
懇親会 セッション終了後、各会場近辺で会費制の懇親会を実施します。
弊社スタッフとの意見交換はもちろん、お客様同士の交流、 情報交換の場としてぜひご活用ください。
※懇親会へ参加ご希望の方は、お申込みフォームにて『セッション + 懇親会』をご選択ください。
【 会場:セミナー会場周辺  時間:17:30 ~ 19:00)  会費: 3千円(税込)】
【 大 阪 開 催 】
日程 2019年 12月 10日(火)
13:30~17:00(受付 13:15~)
場所 日本アイ・ビー・エム株式会社 大阪事業所 セミナールーム

★会場の日本IBM 大阪事業所は、移転後の中之島フェスティバルタワー・ウエストになります。
ご来場の際はご注意下さい。



〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島三丁目2番4号
中之島フェスティバルタワー・ウエスト13F
地図:→こちらへ(IBMのサイトに移動します)
TEL:06-6231-6111 (番号案内)
最寄駅 京阪中之島線「渡辺橋」駅下車12番出口直結
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車4番出口直結
地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅下車7番出口より徒歩5分
JR「大阪」駅桜橋口より徒歩11分
JR東西線「北新地」駅下車11-5番出口より徒歩8分
お申込み
【 東 京 開 催 】
日程 2019年 12月 12日(木)
13:30~17:00(受付 13:15~)
場所 日本アイ・ビー・エム株式会社 本社(箱崎)セミナールーム

〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21
地図:→こちらへ(IBMのサイトに移動します)
TEL:03-6667-1111 (番号案内)
最寄駅 東京メトロ 東西線/日比谷線 茅場町駅4番b出口 徒歩7分
東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅2番出口 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 人形町駅1番出口 徒歩12分
都営浅草線 人形町駅A4またはA5出口 徒歩12分
お申込み

各セッションのはじめに「ミガロ.テクニカルアワード表彰式」と「製品の将来像」のご紹介をいたします

13:30-14:35 
Delphi/400 セッション

【事例セッション】 第12回 Migaro. Technical Award 最優秀賞記念講演

Delphi/400による「電子帳簿保存法スキャナ保存制度」への挑戦

~経費申請業務の利便性向上と帳簿保存制度の法的要件を両立~

豊鋼材工業株式会社様は、「電子帳簿保存法スキャナ保存制度」に対応する経費申請システムを構築されました。
領収書データスキャナ保存の法的要件を満たすための技術的な工夫、ワークフロー導入によるペーパーレス化、経費システムと連動する自動仕訳処理、駅すぱあと連携による運賃確認の効率化など多くの要件を実装し、従来の経費申請・精算業務での紙運用による非効率や誤り発生等の課題を解決されました。
この開発事例を中心にDelphi/400によるシステム開発の取り組みについてご講演頂きます。

豊鋼材工業株式会社 監査役 石井 裕昭 様

【会社紹介】
鋼板加工のトータルコーディネーターとして、レベラー・スリット・溶断・開先・穴明け・プレス・ベンディング・溶接・マシニング・ショット・プライマー設備を有機的に活用し、幅広い産業分野のお客様に商品・サービスを提供している。九州・沖縄エリアでは業界トップシェア。伊藤忠丸紅鉄鋼・新日鐵住金系の会社である。

【技術セッション】

Enterprise Connectorsを活用したクラウドサービスとIBM i との連携

2019年10月よりEnterprise ConnectorsがDelphi/400から無償で利用可能になりました。
近年Web上で稼働する様々なクラウドサービスが台頭しており、業務での利用も増えています。しかしIBM i 基幹系システムとは別々に稼働していることが多いのが現状です。
本セッションでは、IBM iとクラウドサービスを容易に連携できるEnterprise Connectorsの基本的な作成方法から具体的なクラウドサービス連携テクニックまでデモを交えてご紹介します。

RAD事業部 技術支援課
課長 尾崎 浩司

14:45-15:45 
Valence セッション

【事例セッション】 第12回 Migaro. Technical Award 優秀賞論文

Valenceを使用した温度・湿度ログ表示 / 株式会社保健科学西日本様 事例

RPGソースコードをValence File Editorで改修 / 株式会社ランドコンピュータ様 事例

株式会社保健科学西日本様は、サーバー室内の温度・湿度の推移を折れ線グラフと一覧リストで表示し見える化するプログラムをValence App Builderにより非常に短時間で完成されました。
株式会社ランドコンピュータ様は、ファイル更新プログラムを簡単に作成できるValence File Editor を使って、RPGソースコードを編集するというまったく新しい活用方法を試みられました。
本セッションでは、実際のお客様事例をもとに、簡単に活用できるValenceの魅力をご紹介いたします。

RAD事業部 技術支援課
専任 青木 規雄

【技術セッション】

Valence App Builder RPG連携テクニック

Valenceに搭載されるローコード開発ツール「Valence App Builder」を使用すれば、アプリケーションの基本部分はノンコーディングで作成できます。さらに複雑な業務ロジックが必要な場合は、RPGを組み合わせることが可能です。本セッションでは、Valence App Builderの開発手順を確認するとともに、RPG連携の基本、App Builderの機能を拡張できるRPG ToolKitの活用方法をサンプルを用いながら解説いたします。
また、Valence最新版5.2+の新機能Fusion5250のメリットも併せて紹介いたします。

RAD事業部 技術支援課
課長 尾崎 浩司

15:55-17:00 
SP4 i セッション

【事例セッション】 第12回 Migaro. Technical Award ゴールド賞論文

iPhoneを利用した宝飾品の販売系システムをSP4 i で構築 / 株式会社大月真珠様 事例

真珠の加工・販売や宝飾品の販売を幅広く手掛ける株式会社大月真珠様は、SP4 i を利用してiPhone上で稼働する販売管理システムを構築されました。これにより、営業担当者が社外から在庫照会、日報登録、販売商品画像登録などの業務を行うことが可能になりました。エラー処理、補助入力機能、画像保存等について入力画面の標準化を徹底して行い、50以上の業務画面の効率的な開発と使用感の統一を実現しました。
本事例をもとに大月真珠様のSP4 i によるシステム開発の取り組みについてご紹介いたします。

RAD事業部 技術支援課
専任 青木 規雄

【技術セッション】

オープンソースライブラリを使用したHTML画面拡張テクニック

SP4 i の画面作成に使用する"HTML"は、JavaScriptを組み合わせることにより画面上の動作や機能を拡張することができます。JavaScriptには、オープンソースライブラリと呼ばれる無償で公開された機能拡張用ライブラリが多数あり、これらを活用することで簡単に便利な機能を組み込むことが可能です。
本セッションでは、SP4 i との組み合わせで役立つオープンソースライブラリの活用方法を具体例を交えてご紹介いたします。

RAD事業部 技術支援課
課長 尾崎 浩司

17:00 閉会

終了後、セミナールームに弊社技術員が待機いたします。ご質問、ご相談に対応いたしますので、是非この機会をご利用下さい。

17:30-19:00 懇親会

セッション終了後、会場近辺で会費制の懇親会を実施します。
弊社スタッフとの意見交換はもちろん、お客様同士の交流、 情報交換の場としてぜひご活用ください。


※懇親会へ参加ご希望の方は、お申込みフォームにて『セッション + 懇親会』をご選択ください。
【 会場:セミナー会場周辺   会費: 3千円(税込)】

pagetop