*ブランド名・製品名変更のお知らせ*
 
新ブランド名 Maxava HA ( 旧:*noMAX )
 
新製品名 DATA STREAM ( 旧:セントリー )
    SMB ( 旧:ディフェンダー )
    ENTERPRISE+ ( 旧:ギャリソン )
 
Maxava HA とは
新しいアーキテクチャーに基づいて開発しOS/400のリモート・ジャーナルを
製品の中心として最大活用して


  • バックアップ ダウンタイムのゼロ化
  • 24時間 365日のデータ利用
  • 障害・災害時のシステムの早期復旧
  • を可能にした、次世代のリプリケーション・ツールです。

    Maxava HA 製品構成
    Maxava HAは機能別に下記の製品で構成されています。
    Maxava HA DATA STREAM リアルタイムバックアップにより重要な企業
    データをいつでも復元できます
    Maxava HA SMB データ、オブジェクト、IFSを含む重要な企業
    情報を保護するための機能を完全に備えています
    Maxava HA ENTERPRISE+ SMBの全機能に加え、拡張リプリケーション
    とモニタリングツールを備えた高機能HA
    ソリューションです
    Maxava HA アーキテクチャー

    Maxava HAでは次のように複製を実現します。

    本番機のDBに追加/削除/変更等があると、
     @OS/400が
      (a)その変更に関するジャーナルレコードを発行し、
      (b)ローカルジャーナルレシーバーに記録するとともに、
      (c)それをバックアップ機のリモートジャーナルに送ります。
     AMaxava HAはそれを受け取り、予め設定しておいた構成データに基づいて、
      バックアップ機のDBを変更します。

     

    Maxava HA 稼働環境
    IBM i OS/400 V5R1以降
      本番機、バックアップ機とも上記以外のシステム要件はありません。
    Maxava HA 導入時のビジネス上のメリット
  • バックアップ時のダウン時間の削減
    • 更新をしないテープ・バックアップ/クエリー/レポート作成/照会などのタスクを、第2番目のASP/別区画/別のIBM i のマシンに移動することにより、バックアップを昼夜のいつでも実行でき、ユーザーに対して常に双方向アクセスを提供できます。

  • データセキュリティ−
    • 監査や保険会社、会社上層部、株主からのデータ・セキュリテイーの要求を満たします。Maxava HAは場所に関係なく第2番目のIBM i のマシンに複製することができます。バックアップ・マシンが同じビル内にあろうと、支社にあろうと、他の国にあろうと、Maxava HAは指定の場所に複製を作り、データとオブジェクトのセキュリテイーを確保します。

  • Webサーバーの隔離
    • リアル・タイムに必要な情報をWebサーバーに載せ、重要なビジネス・データは攻撃から隔離します。Maxava HAは、全ての情報または、キー情報のみをメインのマシンからWebサーバーに複製することができます。これにより現在のe-ビジネス環境においてネットワーク上で起こり得る脅威から、メインのシステムを完全に隔離することが可能となります。

  • コストの削減
    • ビジネス上の運用コストを削減します。容易なインストール、簡単なオペレーション等 Maxava HAを使えば、もうベンダーの技術者やコンサルタントに頼る必要はありません。また運用面においても、バックアップやレポートを営業時間内にスケジュールでき、人的コストを大幅に削減できます。健全で確実なデータ・リカバリー方法は、システム運営費用の削減に貢献します。

  • 他のHAリプリケーションツールと比較し 大幅なTCOコストの削減を実現
    • 導入時間の大幅短縮
      導入に伴うデータ分析時間の大幅短縮
      レプリケーションスピードが他ツールより速く、大容量トランザクションのレプリケーションに 効果を発揮します。

    Maxava HA リーフレット
    こちらからMaxava HAのリーフレットをダウンロードできます。
     Maxava HA全般
     Maxava HA DATA STREAM
     Maxava HA SMB
     Maxava HA ENTERPRISE+


    Maxava HA のWEBサイトはこちらから