Migaro. 技術Tips

                       

ミガロ. 製品の技術情報
IBMiの活用に役立つ情報を掲載!


IBM WebSphere Application Server(WAS) IBMi環境でのプロファイル作成方法

IBM WebSphere Application Server(WAS)では、運用環境と開発環境のようにインストール後、ポート番号の異なるWebサーバー/アプリケーションサーバー環境を複数作成することができます。
Webサーバー/アプリケーションサーバーが提供するサービス環境の単位をインスタンスと呼びます。WASでは、アプリケーションサーバーとWebサーバーを複数インスタンスの作成が可能です。また、WASでは、インスタンス単位をプロファイルと表現します。
今回のTipsでは、IBMi環境のプロファイル作成手順についてご紹介します。

IBMi環境でのWASプロファイル作成方法

WAS環境でプロファイルを作成する場合には、manageprofilesコマンドを利用して作成する方法と、IBM Web Administration for i (HTTP Admin)を利用してGUIのWebインターフェースから作成する方法の2種類があります。
IBMi環境の場合には、IBM Web Administration for i (HTTP Admin)から作成することで、Webサーバーインスタンス、WASプロファイル、WebサーバーインスタンスとWASプロファイルの連携用設定であるプラグインの設定も作成できます。
今回のTipsでは、IBM Web Administration for i からウィザードを利用してプロファイルを作成する手順をご紹介します。

IBM Web Administration for iへのアクセス

IBM Web Administration for iはIBMiに接続できるネットワーク環境内で、ブラウザのアドレスバーに以下アドレスを入力してアクセスします。
[IBMi IPアドレス]の箇所は、利用環境に合わせて変更してください。
また、URLは大文字、小文字を区別しますので注意してください。

http://[IBMi IPアドレス]:2001/HTTPAdmin
IBM Web Administration fori へのアクセス

ブラウザからアクセス時、ログインのプロンプトが表示されます。
IBMiのユーザープロファイル、パスワードを設定して「ログイン」ボタンをクリックしてください。

また、ログイン時に利用するIBMiのユーザープロファイルは、特殊権限 *ALLOBJ および *SECADM を有する管理者にてログインください。

アプリケーションサーバーの作成

アプリケーション・サーバーの作成

左側メニューに表示されている、「共通タスクおよびウィザード」から「アプリケーション・サーバーの作成」を選択してください。
作成ボタンをクリックすると右側に「次へ」ボタンが表示されますので、クリックしてください。

プロファイル作成のバージョン確認

プロファイルを作成する、アプリケーションサーバーを選択します。
複数のWebSphere Application Serverのバージョンを導入している場合には、画像のようにラジオボタンで選択することができます。
今回の例では、WAS9.0.5.4 BASE環境のプロファイルを作成します。
ラジオボタンで選択後、「次へ」ボタンをクリックしてください。

アプリケーションサーバー名の設定

アプリケーション・サーバーの名前を指定します。
「サーバー記述」には、サーバーの説明を設定できます。

任意の名前/サーバー記述を指定してください。
アプリケーション・サーバーの名前は、10文字以内でかつ 次の記号が含まれないようにしてください。

&!@%*:/#;?,=^<>|+'"(){}[]
新規HTTPサーバーの作成

HTTPサーバー・タイプの選択では、新規HTTPサーバーを選択して「次へ」ボタンをクリックしてください。

Webサーバー名とポート設定

HTTPサーバー名を指定します。任意のHTTPサーバー名を指定してください。
HTTPサーバー名もアプリケーション・サーバーの名前と同じで特定の記号が使用できません。

ポートでは、サービスを開始するポート番号を指定できます。
作成後でも変更できるためデフォルトのまま作成しても問題ありません。
「次へ」ボタンをクリックしてください。

アプリケーションサーバー ポート番号設定

アプリケーションサーバーで利用するポートの範囲を設定します。
デフォルトのままで問題ありませんので、「次へ」ボタンをクリックしてください。

デフォルトアプリケーション導入選択

アプリケーションサーバーが動作しているかを確認するためのサンプルプログラムを導入するかを選択します。含める場合は、チェックを設定して「次へ」ボタンをクリックしてください。

IDトークンの構成

IDトークンの構成設定です。
SmartPad4iで利用する場合には、デフォルトの「IDトークンを構成しません」のまま「次へ」ボタンをクリックしてください。

設定確認画面

アプリケーションサーバーとHTTPサーバーの設定について確認画面が表示されます。
設定内容を確認後「完了」ボタンをクリックしてください。

プロファイル作成完了

新しいアプリケーションサーバー環境の作成が開始されます。
少し待つと、アプリケーションサーバーが利用可能な状態になります。
プロファイルの作成方法は以上となります。

   
タイトルとURLをコピーしました