Migaro. 技術Tips

                       

ミガロ. 製品の技術情報
IBMiの活用に役立つ情報を掲載!


Google Maps Platform APIキー取得手順と使用回数制限設定(無料枠使用)

「Google Maps Platform」の機能を利用したアプリケーションを作成するには、APIキーが必要です。Google Maps PlatformのAPIは2022年4月現在、1か月毎200ドルの無料枠があり、その範囲内であれば無料でAPIが使用できます。Valence AppBuilderでは、MapウィジェットというGoogle Maps PlatformのAPIを利用した地図表示機能があります。機能を利用するにはAPIキーが必要です。TipsではAPIキーの取得方法についてご紹介します。

Google Maps Platformとは?

「Google Maps Platform」はGoogleが提供する地図情報サービスです。APIを利用することでアプリケーションに地図機能を追加することができます。Goolge Maps PlatformのAPIを利用することで地図の表示、マーカーの配置や線/図形の描画、道路経路の表示、ストリートビュー(実景色のパノラマ写真)を表示することなど様々な地図機能を使用することができます。

Google Maps Platformの料金と無料枠

Google Maps Platformは2022年4月現在 1ケ月毎200ドルの無料枠があります。範囲内での利用であれば費用は必要ありません。また、Google Maps Platformが含まれる「Google Cloud」を初めて利用する場合には、機能を有効にした後の90日間、トライアル期間として30000ドルの無料クレジットが利用できます。
※トライアル期間は90日間経過する、または、30000ドルの無料クレジットを全て消費した段階で終了します。詳細については、Googleのサイト「Google Cloud の無料プログラム」をご確認ください。

◆Google Cloud の無料プログラム
https://cloud.google.com/free/docs/gcp-free-tier?hl=ja

◆Google Maps Platform の料金
https://developers.google.com/maps/billing-and-pricing/pricing?hl=ja

Google Cloudとは?

Googleがクラウドで公開しているサービスの総称となります。Googleが世界中に配置したデータセンターから、AI、API、データ分析、Iot、ネットワークなど様々なサービス提供しています。
Goolge Maps PlatformもGoogle Cloud の 「Google Cloud Platform」を使用して管理することになります。

APIキーの取得手順

Google Maps PlatformのAPIを利用するには、APIキーが必要です。
APIキーを取得するには以下が必要となります。

  • Googleアカウント作成
  • Google Clould (Google Cloud Platform) 利用開始
  • 請求先アカウントの設定
  • プロジェクトの作成
  • API有効化
  • APIキーの作成

Google アカウントの作成

Googleのサービスを利用するには、Googleアカウントを作成する必要があります。
作成方法の詳細については、Googleのサイト「Google アカウントの作成」をご確認ください。

◆Google アカウントの作成
https://support.google.com/accounts/answer/27441?hl=ja

Google Cloud (Google Cloud Platform) 利用開始

Googleアカウント作成後、「Google Cloud」のサイトにアクセスしてGoogle Cloudを利用開始できます。

Google Cloud

◆Google Cloud
https://cloud.google.com/?hl=ja

請求先アカウント設定

Google Cloud Platformに移動

Google Cloudの「コンソール」ボタンをクリック、または「コンソールへ移動」ボタンをクリックするとGoogle Cloud Platformに移動できます。
Google Maps Platformを利用する場合には、Google Cloudの請求先アカウントを作成する必要があります。Google アカウントの種類がによって異なりますので確認ください。

◆【個人】セルフサービスの Cloud 請求先アカウントの作成、変更、閉鎖https://cloud.google.com/billing/docs/how-to/manage-billing-account?hl=ja

◆【組織】Cloud Billing のコンセプトの概要
https://cloud.google.com/billing/docs/concepts?hl=ja

プロジェクトの作成

Google Cloud Platformでは「プロジェクト」単位で、課金、ユーザー、リソースを管理します。プロジェクトは利用/作成するアプリケーションやサービスごとに分けることが推奨されています。作成したプロジェクトに対して、「請求先アカウント」、「Googleアカウント」を関連付けて、プロジェクトで有効にする機能(APIやサービス)を設定します。

◆プロジェクトの作成と管理
https://cloud.google.com/resource-manager/docs/creating-managing-projects?hl=ja

プロジェクトの作成

Google Cloud Platform上部メニューの [選択元] プルダウン を選択するとプロジェクトの一覧が確認できます。

プロジェクトの作成 新しいプロジェクト

「新しいプロジェクト」をクリックするとプロジェクトの作成画面に遷移します。

プロジェクトの設定画面

プロジェクト名を設定して「作成」ボタンをクリックしてください。

プロジェクト作成完了

プロジェクトの作成が完了しました。

プロジェクトの選択

Google Cloud Platform上部メニューの [選択元] プルダウン でプロジェクトを選択できます。
選択したプロジェクトに対して設定をしていきます。

APIの有効化

APIの有効化

Google Maps PlatformのAPIを利用するために、APIを有効にします。
Google Cloud Platformの上部左側にあるハンバーガーメニューアイコンをクリックしてください。
左側にメニューが展開されます。「APIとサービス」>「ライブラリ」を選択してください。

APIライブラリ画面

APIライブラリの画面が表示されます。「Maps JavaScript API」をクリックしてください。

Maps JavaScript APIの有効化

「有効にする」ボタンをクリックするとAPIが使用可能となります。

Google Maps Platform のAPI管理

また、Google Maps PlatformのAPIの使用を変更したい場合には、APIライブラリから「Maps JavaScript API」の「管理」ボタンをクリックするか、Google Cloud Platformの上部左側にあるハンバーガーメニューアイコンをクリックして表示される、左側メニューから「Google Maps Platform」を選択してください。

Google Maps Platform の有効なAPI
設定

Valenceでは、「Maps JavaScript API」のほかに、「Directions API」、「Geocoding API」を使用します。それぞれ有効にしてください。

Google Maps Platform の有効なAPI
設定

「有効なAPI」にリストされていることを確認ください。

APIキー作成

Google Maps Platformの機能を使用するには、APIキーが必要になります。

APIキーの作成 認証情報

APIキーを作成するには、Google Cloud Platformの上部左側にあるハンバーガーメニューアイコンをクリックして表示される、左側メニューから「APIとサービス」>「認証情報」を選択してください。

APIキーの作成

認証情報の画面で「+認証情報を作成」をクリックして表示される「APIキー」をクリックしてください。

APIキーの作成完了

APIキーが作成されました。

Google Maps Platform API使用数制限

APIの使用回数制限 割り当て

API使用回数を制限するには、Google Cloud Platformの上部左側にあるハンバーガーメニューアイコンをクリックして表示される、左側メニューから「Google Maps Platform」>「割り当て」を選択してください。

APIの使用回数制限 割り当て API選択画面

割り当ての画面で、プルダウンから使用回数を制限するAPIを選択します。
選択すると、選択したAPIの割り当て画面が表示されます。

APIの使用回数制限 割り当て 1日の割り当て設定

割り当て画面表示後、API名が表示されたプルダウンのアイコンをクリックすると、使用数と割り当て画面が表示されます。最下部にある 「”API名” / 日」は1日の割り当て数です。デフォルトでは無制限です。「編集」アイコンをクリックすると編集画面に移行できます。

APIの使用回数制限 割り当て 1日の割り当て設定

割り当て上限の編集画面では、「無制限」チェックボックスのチェックを外すと「割り当て上限」入力欄が表示されます。
割り当て上限を「無制限」から変更した場合には、割り当て上限引き下げ幅の条件により、「確認」のチェックボックスが表示されます。
「確認」のチェックを設定して、「保存」ボタンをクリックすると、1日あたりのAPIアクセス数を制限できます。

APIアクセス数の制限はAPI毎となるため、各APIの上限を設定してください。

ValenceにAPIキーを設定

作成されたAPIキーをコピーして、Valenceに設定します。

ValenceにAPIキーを設定

Valenceに管理者権限でログイン「管理オプション」カテゴリーの「ポータル管理」をクリック、ポータル管理のメニューから「設定」を選択後、「外部APIキー」のGoogleMaps用のAPIキーにAPIキーを入力してください。

キー入力後、右下の保存アイコンで「設定」を保存すれば完了です。

Mapウィジェットのアプリ

Google Maps Platformを利用した、App Builder のMapウィジェットが利用可能になります。

   
タイトルとURLをコピーしました