SP4i

(エスピーフォーアイ)

妥協なきWebシステムをRPG/COBOLスキルで!

無料セミナーはコチラへ

製品カタログのダウンロード

※SP4i は SmartPad4i の略称です

IBM i を基盤とするWebアプリケーションを
わずか4つのステップでシンプルに開発できます!

IBMiを基盤とするWebアプリケーションをわずか4つのステップでシンプルに開発!

STEP1 画面の作成

Webアプリケーションの業務画面を設計

  • HTMLで制約の無い画面を自由に作成します
    • ※DSPFは使用しません
    • ※CSSなどのデザインを盛り込むことも可能です

  • ボタン/画像等の部品を自由に使用できます

  • 市販のHTML作成ツールで画面の作成が可能です

HTML作成ツール画面作成例

STEP2 画面連携とプログラムの自動作成


設計したWeb画面よりRPG、COBOLプログラムを生成して連携

  • 画面とプログラムの通信に関する設定をします
    • ※入出力項目のデータ型や桁数等を定義します

  • 設定後、IBM i へプロジェクトの配布、WebサーバーへHTMLファイルの配布を行います
    • ※Web画面と連携するプログラムは自動生成されます

  • 言語は、RPG(RPGⅢ)、ILE RPG(RPGⅣ)、COBOLから選択できます
    • ※企業システムでの利用実績が最も多いRPGⅢに対応しています


SP4iのHTML連携ツール画面-DDS作成と同じ要領で設定

SP4iのHTML連携ツール画面 DDS作成と同じ要領で設定

STEP3 業務ロジックプログラミング


エラーチェック、DB更新などの業務ロジックを記述

  • SP4i が自動生成するプログラムに必要ロジックを追加します

  • IBM i とWeb画面との転送ロジックなどは自動生成されるため、必要なコーディングは業務ロジックのみです

いつもの画面でロジック追加-Web画面との連携部分は自動生成

IBMiのいつもの画面でロジック追加

STEP4 メニューの登録


完成したプログラムをIBM i に登録して、Webのメニュー画面を生成

  • IBM i 上の専用画面からユーザー単位で使用するプログラムを登録

  • 専用URLから実行、IBM i のユーザー・パスワードを入力

  • 実行時のセッション管理は自動

SP4iメニュー登録画面

SP4i に関する
お問合せはこちら

IBM i のWeb化ならSP4i!
SP4i にご興味をお持ちの方は、ぜひこちらからお問合せください。

お問合せフォームはコチラへ

お電話・メールでの
お問合せはこちら

【フリーダイヤル】
 0120-356-128 平日(月~金)
【メールアドレス】
info@migaro.co.jp
pagetop